ラーメンビジネスの新機軸がここにある フランチャイズオーナー募集中!

BRAND STORY 残されたパラダイスを求めて──
ラーメンをビジネスに変えてきた四半世紀

当社は、バブルの余韻冷めやらぬ1992年、
杉並区の⼩さなラーメン店としてスタートしました。
その後、幾多のピンチを経験しました。
しかし「ピンチ即チャンス!!」という座右の銘の下、
創業から四半世紀を超えた今、
国内外230店舗以上を持つラーメン業界
No.1のフランチャイズとなっています。

今や⽇本の国⺠⾷ともいえる
「ラーメン」──

しかし、外⾷産業という視点で⾒てみると⽜丼やカレー、
ハンバーガーなどと⼤きく異なる点があります。
それはラーメン店の⼤半が
個⼈経営店であるということです。

これはラーメンという⾷べ物の特性と無縁ではありません。
ラーメンほど個⼈の思い⼊れ・嗜好の影響を受け、
地域性が如実に現れる⾷べ物は他にはないでしょう。
「ラーメン=職⼈の技」「⾏列のできる店」といった思考が
業界のビジネスモデル化を阻んできたのです。
そこに私たちは⼤きなビジネスチャンスを⾒出しました。

ラーメン業界は、
今⼤きく変わろうとしています。

味さえ良ければ、多少店が汚くてもいい
サービスなんか気にしなくてもいい──
そんな時代はもう終わりを告げました。
「ラーメンが好きだから、ラーメン屋をやる!」
それだけでは勝ち残っていけません。

ラーメン店は、ある意味究極の
エンターテイメントビジネスです。
さまざまなコンセプトを駆使して
お客様にご満⾜いただく──
個⼈店では実現が難しいそんなプラットフォームを
提供することで
⽇本のラーメン⽂化を
正しく発展・継承させていきたい。
それが私たちグロービート・ジャパンのビジョンです。

MULTI CONCEPT 『らあめん花⽉嵐』の
マルチコンセプト展開

01 地域のスターを全国にデビューさせる!
ラーメン界に「ハブ&スポーク」モデルを初めて導⼊。

⼀般にラーメン店は「この店は味噌。あの店は豚⾻」というように「⼀店⼀味」が常識。
その中で、花⽉嵐は毎⽉のように新しい味の期間限定ラーメンを登場させています。なかでも、重要なテーマの⼀つが「あそこでしか⾷べられないあの味を!」というコンセプト。

ラーメンは、もともと地域性の⾮常に強い⾷べ物。北は札幌や旭川ラーメン、東は喜多⽅や佐野ラーメン、⻄は和歌⼭や尾道ラーメン、さらに博多や熊本ラーメン……と地域によって実にさまざま。
⽇本の⾷⽂化の縮図ともいえます。もっといろいろなラーメンの味を楽しんでいただきたい──そんな熱い思いのもと、地⽅の⼈気店とタイアップして地⽅の味を⽇本中に届けるというビジネスモデルを構築。
らあめん花⽉嵐がハブとなって、全国各地に「ご当地の味」を届けています。

02 ラーメン=エンターテイメントの真⾻頂。
ワクワクを届ける企画メニューを続々投⼊!

らあめん花⽉嵐の⽬⽟とも⾔えるのが、「コラボラーメン」企画。テレビ番組で⾒る⾏列ラーメン店、予約の取れない有名店シェフ、芸能⼈が思わず⾆⿎を打つご当地グルメ、ラーメン評論家が納得する理想の味……などなど。毎⽉のように新しい味の期間限定ラーメンを登場させています。

ラーメンは流⾏に左右されやすい外⾷メニュー。今ブームだからといって、同じラーメンの⼈気が永遠に続くことはありません。らあめん花⽉嵐では、雑誌、テレビ、インターネット、ラーメン評論家の意⾒など、さまざまな情報ソースにアンテナを広げながら⽇々新商品の開発を続けています。そうして何度となく試⾷を繰り返し、改良を重ねた上で、トレンドを⾒極め、然るべきタイミングに新メニューを投⼊。そうすることで、お客様を飽きさせないよう期間限定でワクワクをお届けしているのです。

03 「⾯⽩ネタ」を常にメディアに提供。
店舗を強⼒にバックアップするメディア戦略!

ラーメンはメディアの影響を最も受けやすい外食メニューの一つ。メディアカバレッジ(メディアでの紹介)には「一過性のブーム」「間違ったイメージの流布」といったリスクもありますが、それを踏まえた上でうまく活用すれば、これほど効果的な広報戦略はありません。

らあめん花月嵐の各店にとって、本部が行うメディア戦略は強力な後方支援です。花月嵐では、新商品発売に合わせて各媒体にプレスリリースを発信し、ネットも含めたメディアカバレッジを促進しています。新商品についても、テレビなどのメディアが関心を持ちそうなポイントを見極めて企画開発。さらに、InstagramやYouTubeなどのSNSも公式アカウントで情報発信するなど、インフルエンサーを意識したバズマーケティング(口コミマーケティング)も展開しています。

メディア掲載 最近の例

【テレビ】最強大食い王決定戦2020(テレビ東京)
・・2020年1月
【インターネット】ROCKET NEWS24
・・2019年11月
【テレビ】メレンゲの気持ち(日本テレビ系列)
・・2019年7月
【テレビ】大食い女王決定戦2019(テレビ東京)
・・2019年5月
【テレビ】ネプリーグ(フジテレビ)
・・2019年4月
【雑誌】ベストカー(講談社ビーシー)
・・2019年3月
【テレビ】有吉弘行のダレトク!?(フジテレビ)
・・2019年1月
【テレビ】昔ココ住んでました(テレビ東京)
・・2019年1月

STRONG POSITION 国内外230店舗以上のFC加盟実績!
看板商品「嵐げんこつらあめん」
⽀える屋台⾻。

「売れるラーメンより、⽣き残るラーメンを!」──創業から27年、これがらあめん花⽉嵐が全国最⼤規模のラーメンチェーンとなった、成功の秘訣です。
らあめん花⽉嵐には「嵐げんこつらあめん」という絶対的な看板メニューがあります。豚の大腿骨(げんこつ)を煮込んだスープで作ったこのメニューは、20数年の時を経て、もはや⼀つのブランドとして定着しています。らあめん花⽉嵐が⼀⾒⾮常識とも思えるほど次々と「期間限定ラーメン」を投⼊できる理由は、この安定のブランドがあるからに他なりません。

らあめん花⽉嵐は、引き続き第2、第3のロングセラーの開発に取り組んでいます。時代に左右されないラーメビジネス──それが、当社の経営のバックボーンなのです。

準備⾦300万円⽀給

飲⾷未経験者⾃⼰資⾦のない⼈も安⼼!
社員から始める
「グローアップ・システム」

独立できる理由1. 正社員として働きながら経験を積める 2. 社内研修スクールで経営⼿腕を⾝につけられる 3. 安定した収⼊で開業資⾦を貯められる 独立できる理由1. 正社員として働きながら経験を積める 2. 社内研修スクールで経営⼿腕を⾝につけられる 3. 安定した収⼊で開業資⾦を貯められる

「⾃分の店を持ちたいけど、開業資⾦がない」「飲⾷店未経験で⼤丈夫だろうか?」「店舗経営のノウハウがない……」──そんな不安の声にお応えするために設けられた画期的な制度が、当社の「グローアップ・システム」です。

この制度では、まずグロービート・ジャパンの社員として⼊社いただくため、働きながら店舗の運営スキルを⾝に付けることができます。そうしたいわば「助⾛期間」が得られるメリットに加え、開業時には会社から「独⽴お祝い⾦」300万円が⽀給されるため、よりスムーズな開業準備が可能となります。

私たちグロービート・ジャパンは、
独⽴へのチャレンジを
万全のサポートで⽀えます。

こんな⽅々からのご相談・
お問い合わせをお待ちしています。

  • 私たちのビジョンに共感いただける⽅
  • フランチャイズオーナーとしてやってみたい⽅
  • 『らあめん花⽉嵐』の成功法則を知りたい⽅

まずは、お話ししてみませんか?

フランチャイズについての
お問い合わせ・ご相談は
0120229244 0120229244

受付時間 9:00~18:00(⼟⽇祝を除く)

BACK TO TOP